私が開院した理由

<将来の独立を目指して>

私は平成22年1月に優和治療院を開院するまで、大田区のカイ
ロプラクティック治療院に5年間、鍼灸接骨院に6年間勤務して
いました。

そこでの業務は腰痛症・骨折後遺症・スポーツ障害・その他の
症状の来院患者さんに対し

■テーピング
■カイロプラクティックやマッサージ
■リハビリ
■鍼、灸

等の施術を行っていました。

当時の私は「あと数年修行を積んだら、将来は自分の治療院を
持ちたい」、と考えていました。

<”訪問施術”との出会い>

将来の独立を目指し、鍼灸接骨院で修業を積んでいた時期に、

■腰が痛くて歩けない
■パーキンソン病で歩行困難
■脳梗塞後遺症で半身麻痺
■脳出血後遺症で寝たきり

このような患者さんがいることを知りました。

そしてこれらの「寝たきり・歩行困難」等の理由から通院でき
ない患者さんのお宅に訪問して、リハビリやマッサージを行う
”訪問施術”というものを初めて経験しました。

<優和治療院の開院を決意>

■痛みや手足の麻痺があるので、自宅に来てくれるのは助かる
■定期的な施術により症状に改善がみられる
■”鈴木先生が来てくれるのが待ち遠しい”と言われたり

これらの経験をとおして、治療院に通院している患者さん以外
にも「施術を待っている人は大勢いらっしゃる」ということを
実感し、「訪問での鍼灸・マッサージ・整体・リハビリ」とい
う仕事に、大きなやりがいを感じました。

そして「”治療院に行きたくても行けない”患者さんの体の辛
さや不安を改善したい」と考えるようになりました。

そこで「自分が患者さんのご自宅に訪問すれば良いのでは?」
という想いが徐々に強くなり、平成22年1月に優和治療院を開
院することとなりました。

<多くの方々との出会い>

患者さんのご自宅に訪問する、いわゆる「出張」という形での
整体・マッサージ・鍼灸・リハビリを開始して以来、多くの方
との出会いもありました。

寝たきりの患者さんのご自宅に往診している医師、介護事業所
のケアマネージャーさん、患者さんやそのご家族などなど・・・

脳梗塞で半身麻痺の方、ぎっくり腰で身動きとれない方、深夜
残業による慢性疲労の方、症状も年齢も性別も様々な方々・・・

このような方々からの声をお聞きするたびに、出張施術を必要
としている患者さんがたくさんいることを、いつも実感してい
ます。

そして、その方々が充実した毎日を送っていけるよう、全力で
ご協力していきたいと考えています。

このページの先頭へ