よくいただくご質問

ここでは当院を利用されている患者さん、またお問合せの電話
などでいただく質問をいくつかご紹介します。

 

お探しのご質問をクリックしてください

施術に際し何か用意しておくものはありますか?

患者さんの体にかけるなるべく大きめのバスタオル1枚と枕をご用意ください。

▲先頭へ戻る

施術はどのような場所で受けるのが良いですか?

ベッドや布団など、あまり硬くないところの上が良いと思います。基本的には患者さんが寝た状態で、最もリラックスできる場所がお薦めです。

▲先頭へ戻る

施術は痛くないですか?

痛い施術を我慢している状態は、決してリラックスした状態とは言えません。リラックスした状態での施術は、より高い効果が期待できます。ただし必要な時には我慢できる範囲内で、多少の痛みを我慢していただく事もあります。

▲先頭へ戻る

どんな資格を持っているんですか?

私は以下の資格を取得し施術を行っています。整体を指導している民間の学校”に2年間通い、卒業時に学校が作った協会認定の民間資格、鍼・灸・按摩・マッサージ・指圧の学校”に3年間通い、西洋医学・東洋医学について規定時間・規定科目を勉強した後国家試験を受験し、厚生労働大臣が認可した国家資格を取得しています。

▲先頭へ戻る

訪問施術ということですが、施術費以外に出張料金などもかかるのでしょうか?

当院は治療院は構えず、患者さんのご自宅に伺う出張専門ですが、このホームページに示した施術料金の他に「出張料金」は発生しません。

▲先頭へ戻る

施術はどの様な服装で受けたら良いでしょうか?

基本的には、施術を受ける方が最もリラックスできる服が最適です。こちらの希望としては、ジーパンのような伸縮性が少なくしっかりした生地の服は、触診や関節の矯正を行うことが難しくなりますので、出来るだけスウェットの上下のような、柔らかい生地の服装だと助かります。

▲先頭へ戻る

鍼灸って「痛くて熱い」なんてことはないですか?

鍼について、刺す場所や刺す深さによっては少々痛いこともありますし、灸についても、灸をすえる場所によっては熱く感じられる場合もあります。このように鍼や灸の痛みや熱さの感じ方は人それぞれ異なり、感受性の強い方は、わずかな刺激に対しても敏感に反応します。当院では患者さんの感受性に合った施術を行いますので、「痛みや熱さを必死に我慢する」というようなことはありません。

▲先頭へ戻る

「ツボ」って何ですか?

ツボ(経穴)は体表のすみずみにあり、WHO(世界保健機関)が定めるツボの総数は300箇所以上あります。辛い部分のツボを直接刺激することで、肩こり、腰痛、むくみなどが改善されます。また、痛みや腫れなどが激しく患部に直接触れない場合でも、患部から離れているツボを刺激することで症状の改善効果が期待できます。ツボ(標準経穴)はWHO(世界保健機関)により統一基準が定められており、近年では東洋医学だけではなく西洋医学の世界でも研究されるようになってきました。その結果「全身に張り巡らされている神経が多く集まるところにツボがある」、ということがわかってきました。そしてツボを刺激することによって神経の機能が改善し、体調が回復していくと考えられています。

▲先頭へ戻る

鍼灸って「痛くて熱い」なんてことはないですか?

鍼について、刺す場所や刺す深さによっては少々痛いこともありますし、灸についても、灸をすえる場所によっては熱く感じられる場合もあります。このように鍼や灸の痛みや熱さの感じ方は人それぞれ異なり、感受性の強い方は、わずかな刺激に対しても敏感に反応します。当院では患者さんの感受性に合った施術を行いますので、「痛みや熱さを必死に我慢する」というようなことはありません。

▲先頭へ戻る

鍼灸の施術効果を教えて下さい

鍼や灸の施術効果として、以下のようなものがあげられます。 ○痛みの改善:筋肉の緊張緩和、血液循環の改善による痛みの改善(体の中に備わっている鎮痛機能の活性化による痛みみの改善)。 ○免疫力向上(白血球の増加により体の免疫力が向上する)。 ○体質の改善(自律神経失調症、アレルギー体質、冷え体質を改善し体質を強くする)。

▲先頭へ戻る

鍼の衛生管理はどうしてるんですか?

当院では感染症予防対策として、「単回使用豪鍼」という鍼を使用しております。これは、滅菌処理済み(エチレンオキサイドガス滅菌)の鍼で、1回の施術が終了したら廃棄となります。なお施術者の手指、治療器具、患者さんの皮膚の消毒は「消毒用エタノール」にて行っています。

▲先頭へ戻る

整体って関節をボキボキしたりしますか?

例えば長期間の育児や会社の残業などで背中や腰が痛む時など、背骨の動きが硬く(少なく)なっている部分があるはずです。背骨の動きが硬く(少なく)なると、それが原因で背骨から出ている神経の働きが低下し、体に色々な変調が生じてきます。この様な”動きが硬くなっている関節”に対し、矯正術を施すことがありますが、この際まれに「ボキ」という音を発することがあります。ただし、”ボキボキされるのはイヤ”という方に対しては、そのような手技による施術は行いませんのでご安心ください。

▲先頭へ戻る

背骨や骨盤の歪みを診てくれますか?

痛み・疲労の改善や健康維持を考えた場合”背骨や骨盤の歪み”は決して無視できない症状のひとつです。そのような理由から当院では、”背骨や骨盤の歪み”を施術開始の前に必ず確認し、歪みに対する施術を行っています。

▲先頭へ戻る

脳梗塞の後遺症などに対する治療やリハビリは行ってますか?

脳梗塞の後遺症(半身麻痺、歩行困難など)により日常生活の運動量が減ると体のバランスも変わるので、手足のムクミ・筋肉の柔軟性や関節の動きの低下・体のコリや痛みなどの症状が出てくることがあります。私の治療院では整体・マッサージ・鍼灸・リハビリをひとつだけ、もしくは組み合わせて行っていますので、脳梗塞の後遺症などに対する施術も行っております。

▲先頭へ戻る

小さい子供が一緒でも受けられますか?

患者さんの中には男女問わず、赤ちゃんや4才以下のお子さんと一緒の方もいらっしゃいます。そして近所に治療院はあるものの、中々お子さんと一緒に行けない方が案外と多いようです。当院ではこのような場合、概ね施術を行っているベッドや布団の横で、お子さんに遊んでもらっています。私自身、4才の息子がおりますので親御さんの気持ちも分かりますし、お子さんの気持ちも理解できているつもりです。小さいお子さんと一緒でも、遠慮せずにお声をかけてください。

▲先頭へ戻る

妊娠中や産後でも治療は受けられますか?

妊娠中は「つわり・肩こり・腰痛・むくみ」など、産後は「手首の腱鞘炎・骨盤周辺の痛み・マタニティブルー」など様々な体調変化が表れます。当院の治療はこれらの症状に対してとても有効であり、”妊娠中から産後そして育児に奮闘する時期”にかけての女性の体調管理・健康維持に大いに貢献出来るものです。なお、次の様な方に対する施術は、母体やこれから産まれてくる赤ちゃんへの影響を考慮して行っておりません。

●妊娠高血圧症候群で医師の治療を受診している
●感染症(インフルエンザなど)にかかっている
●妊娠前から持病があり鍼灸マッサージや整体を医師から止められている

妊娠・出産・育児で「肩こり、腰痛を何とかしたい」「少しでも元気な体で赤ちゃんを産みたい」「育児疲れを解消したい」そのようなことを思われた時は、お気軽にご相談下さい。

▲先頭へ戻る

健康保険は使えますか?

皆さんが利用されている治療院の中で、健康保険が適用できる資格は次の二つの国家資格です。

①柔道整復師(接骨院の先生が持っている国家資格です)
②はり・灸・あん摩・マッサージ・指圧師(鍼灸マッサージの先生が持つ国家資格です)

一般に「○○整体院」という看板を掲げている治療院で、「健康保険を適用」しているところはかなり少ないと思います。○○整体院の院長が国家資格を持っていなければ当然適用できませんが、上記いずれかの国家資格を持っていて、健康保険適用による施術を行っているところであれば、看板やホームページに必ず明記しています。ちなみに私の治療院では「実費の整体施術」の他に、次の「健康保険適用によるリハビリマッサージ」を行っています。

▲先頭へ戻る

このページの先頭へ