ほかの治療院とはここが違います

あなたのご自宅や勤務先の近くには、マッサージ、はり・灸、整体、
カイロプラクティック、接骨院など、どのくらいの数の治療院がありますか?

定期的に治療院に行かれている方であっても、実際は「マッサージ・整体・
カイロプラクティックの違い」や「実費施術と保険施術の違い」など、
気にはなっているけどよくわからないというケースが多いようです。

本章では、患者さんの疑問にお答えする意味も含め、私なりに思っている
”他の治療院との違い”についてお話させていただきます。

 

あなたのご自宅で施術を受けていただきます(出張施術)
『痛くて動けなかったので来てくれて助かりました』

優和治療院は、そのようなことも言われている治療院です。

当院は、様々な理由から治療院への通院が難しい方の、
ご自宅まで出張する「訪問施術」を行っています。

次のような方々にご利用頂いております。

○「自宅でユッタリした気分で施術を受けたい」
○「突然のギックリ腰で動けない。治療院に歩いて行けない」
○「小さい赤ちゃんがいるので、中々治療院に行けない」
○「治療院で他の患者さんと顔を合わせるのに抵抗がある」
○「忙しくて、近所の治療院の営業時間内に行けない」
○「施術が終了したら、すぐ寝たい」 
○「手術による長期入院後の体力低下を改善したい」
目指すは根本的な体質改善
施術方針については、辛い症状の一時的な改善だけではなく、
根本的な体質改善を目指しています。

症状の原因を追究し最適な施術方法を明確にしたいので、
患者さんのお話は充分にお聞かせいただいてます。

なお、ご自身の体の辛さや悩みについて「話しづらい、あま
り他人には言いたくない」といったこともあると思いますが、
そこはどうか包み隠さず私にお聞かせ下さい。

私と一緒に”根本的な体質改善”を目指しましょう。
症状の原因追究(問診・触診・検査)
施術による症状の改善・予防、健康維持を目的とした場合、
あなたの体の状態・症状の原因を出来る限りはっきり
させることが重要です。

「腰が痛い」という患者さんに対し、何も調べずに
腰を押したり矯正したりすることは非常に危険です。

もしも背骨が圧迫骨折の状態だったら症状は悪化します。

そのため、当院では施術に先立つ「問診・触診・検査」を
特に重要と考えています。
施術方針
根本的な体質改善を目指している当院では問診・触診・検査
を重要視し、「あなたにとって最適な施術方法」を明確に
したうえで施術に臨んでいます。

私がこれまで学校そして臨床経験を積んだ治療院で
学んだものは、「整体・マッサージ・鍼・灸」です。

施術は「整体・マッサージ・鍼・灸」の中のひとつ、
またはいくつかを組合せて行います。

脊柱・骨盤を中心に体(骨格)を整え、人間が
本来持っている自然治癒力の改善も目指しています。

患者さんの訴えを聞き逃すことなく正面から受け止め、
その辛さを充分理解したうえで施術に臨んでいます。
あなたの生活習慣も考えます
小学生や中学生の頃は腰痛など経験したことは無かったのに、
社会人になって忙しい毎日を送るようになり、いつのまにか
腰痛や肩こりで何とも言えない辛い日々を送っている。

このような方が大勢いらっしゃいますが、主な原因は
長年の生活習慣ではないでしょうか。

一日中机の上のパソコンに向かっている、育児における
乳幼児の抱っこ、長時間の自動車運転など・・

仕事や生活スタイルを変えることはできなくても、それらに
関わっている時の姿勢を変えたり簡単な運動を行うことで、
辛い状態から抜け出せることもあります。

施術を受けるだけではなく、あなた自身がわずかな努力を継続させ、
それを習慣化することでより良い方向に向かっていきます。

施術を行った後の体の状態を見ながら、あなたの日常生活に
取り込んでいただきたいエクササイズも提案いたします。
健康保険も使えます
患者さんから「保険は使えるの?」という質問を受けることがあります。

当院は「実費施術」以外に、「健康保険」適用による
訪問リハビリマッサージも行っております。

訪問リハビリマッサージとは、病気や障害などにより

○介護が必要
○一人で歩いて通院困難
○寝たきり

といった方々にご自宅で受けていただくリハビリやマッサージで、
主治医の「マッサージ同意書」により健康保険が適用となります。

(ご負担額は医療費負担1割の方で1回あたり300~500円です。)

以下に健康保険適用の対象となる傷病名・症状名の一例を示します。

○脳梗塞後遺症
○パーキンソン病
○脳出血後遺症
○胸腰椎圧迫骨折後遺症
○大腿骨頚部骨折後遺症
○廃用症候群
保有資格
時々、患者さんから「どんな資格を持っているんですか?」
と尋ねられることがあります。

「整体院」の開院にあたり、絶対に保有していなくてはならない資格はありません。

一方で「はり・灸・マッサージ」を行う治療院の場合は、
各々についての国家資格が必要となります。

私の場合は、患者さんの様々な体の悩みに対応するために、
以下の知識・技術が必要だと考えていました。

○解剖学、生理学、リハビリテーション等に関する医学的な知識
○患者さんの体を触診・検査するための技術
○カイロプラクティック、はり・灸、マッサージ等の技術

そのため以下の資格を取得し、いくつかの治療院で
臨床経験を積んだ後に開院しました。

整体を指導している民間の学校”に2年間通い、卒業時に
学校が作った協会発行の民間資格を取得

はり・灸・按摩・マッサージ・指圧の学校に3年間通い、
西洋医学・東洋医学について規定時間・規定科目を勉強した後、
国家試験を受験し、厚生労働大臣が認可した国家資格を取得

資格に対する私の考えとして、これまでに取得した国家資格・民間資格は、
患者さんの体に触れるために最低限必要なものと考えています。
介護との関わり
当院は脳梗塞やパーキンソン病により、歩行困難・寝たきり等の
症状をお持ちの方へのリハビリマッサージも行っています。

私がかつて接骨院で修業していた頃、これらの症状をお持ち
の患者さんと接する機会が非常に多く、介護を必要とされる
方に対して必要なことを色々と勉強してきました。

○ベッドで寝たきりの方の起こし方
○半身麻痺の方を介助しての歩行訓練
○一人で外出できない方の自宅での運動方法
○緊急時の救命処置

また、勉強の過程で以下の認定資格を取得しました。

□介護予防運動指導員
□ホームヘルパー2級
□上級救命技能認定
1日5名様までの予約制です
当院では施術に先立ち問診・触診・検査を行っています。

特に初診の患者さんの場合は、施術2回目以降の患者さん
よりも時間を要します。

また、患者さんからの予約受付にあたり、予約時間の間隔を
短くしてしまうと、施術の質を保つのが難しくなってきます。

さらに、患者さん宅への訪問施術を専門としているため、
バイク・電車等による移動時間も要します。

このような理由から「施術の質」を保っていくために、
当院では1日5名様までの予約制とさせていただいております。
より高い施術を目指して
日々出会う患者さんが抱いている体の悩み・症状は様々で、
それに対する施術方法も一つではありません。

普段行っている施術の精度を高めると共に、新しい手技であっても
患者さんのためになるものは、取り入れるようにしています。

そのようなことから、現在でも概ね月に1~2回は施術に
関する講習会に参加しています。

講習会で出会う治療家仲間との情報交換なども、施術の質を
向上させるうえで貴重なものと考えています。
このページの先頭へ