【お子さんの抱っこでぎっくり腰に・・・】

先日、治療院に「腰のあたりが痛くて立てないので、来て頂けま
すか?」という連絡が入りました。

二人のお子さん(0歳と3歳)を抱っこしたら腰からお尻にかけて
痛みが現れ、徐々にひどくなって立てなくなって
しまったそうです。

俗にいう”ぎっくり腰”の状態です。

私自身現在6歳の息子が1歳の頃、力任せに変な姿勢で抱っこ
して人生初のぎっくり腰を経験しているので、その
辛さは概ね分
かります。
鍼他の予約が入っていなかったので、
『はり・お灸・テーピング』を
持って、患者さんのお宅に急
いで向かいました。

治療院の比較的近くだったので、連絡を受けてから40分ほど
で到着出来ましたが、私が来るまで痛みの出ない範囲で動い
いるようお願いをしておきました。

到着してご本人にお会いしたところ、辛そうでしたが表情は明る
く、電話をされてきた時よりは若干痛みが軽減している
ように見
えました。

まず動作確認をしたところ「寝返りをうつ、自力で立つ、正座する」
これらの動作が強い痛みを伴わずに出来ました。

次に出来る範囲で体の動きを確認したところ、肩や骨盤の動き
が硬
くなっていました。

ご本人いわく「こんなヒドイのは初めて」とのことでした。

いろいろと話をお聞きし触診・検査を行った結果、施術は以下の
項目を
中心に行うこととしました。

■肩甲骨と骨盤の硬さをやわらげる
■寝返り・起立・正座の動作をもう少し楽に出来るようにする

今回の場合、施術に際し”仰向け”や”うつ伏せ”は痛みを増強さ
せる可能性があったので、胸やお腹の下に丸めた布団を何枚も
入れ、
概ね脱力した状態で四つん這いになっていただきました。

この状態で背中・腰・お尻・脚の皮膚を緩めたうえで、硬くなって
いる骨盤の関節を調整し、はりとお灸を行いました。

20分ほどで施術は終了し、再び正座・起立・その他の動作を行
って
いただいたところ、施術前に比べてかなり楽に動けるように
なったと
のことでした。

最後にテーピングを行い、ご自身で行っていただくエクササイズ
ついて説明させていただきました。

かなりホッとされたようで、私が帰る頃にはすっかり笑顔でした。

小さいお子さんの抱っこが原因の肩こり、ぎっくり腰、頭痛、手首
の痛みなど色々とあります。

可愛いお子さんだけについつい無理をしがちですが、常に姿勢
考えて動くようにしましょうね。
==========================
【武蔵小杉・新丸子の整体・マッサージ・鍼灸】優和治療院
住所)川崎市中原区新丸子東2-897-11ラポール新丸子209
電話)044-577-6772
営業時間)月~金10:00~21:00、土日祝10:00~18:00
休院日)第一・第三の日・月


コメントを残す

このページの先頭へ