副交感神経が活発に働くような生活

私は寒いのが苦手なので、今の季節はひたすらじっと我慢です。
副交感神経そしてこの寒さに仕事や家事の忙しさ、睡眠不足、偏食、悩みなど
が加わると、精神的にリラックスする事が中々難しくなってきます。

=====
ここで、カラダには内臓や血管の働きを管理する自律神経というもの
ありますが、一般に自律神経は次の二つに分けられます。

■交感神経:日中、活動している時に働く
■副交感神経:仕事が終わって夜リラックスしている時に働く

また、この二つの神経がバランス良く働くことで健康が保たれます。

休みなく忙しくしていると交感神経が働き過ぎ、自律神経が不均衡
となって頭痛・ぎっくり腰・神経痛・更年期障害などの症状が現れる
ようになります。

寒さが厳しいこの時期は、カラダを冷やす食べ物は控え、ごぼうや
山芋などの根菜類を鍋物などでたくさんとりましょう。

また体温が上がるよう日々の入浴・運動を心掛け、疲労物質を速く
体外に排出させましょう。
=====
はり・お灸・マッサージ・整体は、停滞しがちな副交感神経を活性化
させる
と共に交感神経の機能も高め、自律神経バランスを整える事
を目的と
しています。

自律神経の乱れを感じているようであれば、改めてご自身の生活を
見直して、治療院でのカラダのケアを考えてみてはいかがでしょうか。
======================
【武蔵小杉の整体マッサージ鍼灸】優和治療院

自律神経失調、腰痛、坐骨神経痛、骨盤矯正など

健康を真面目に考え、体の悩みを改善したい方
のご自宅まで出張し、鍼灸・マッサージ・整体
を行います。

    《 一日5名様の予約制です 》

【電 話】
■044-455-6070
■『ホームページをみて・・』とお電話下さい

【予約受付】
■月~金 9:00~19:00
■土   9:00~17:00

【訪問地域】
<神奈川県>
■「中原区、高津区、幸区」の全域
■「宮前区、都筑区、鶴見区、港北区」の一部
<東京都>
■「大田区、世田谷区、目黒区」の一部

コメントを残す

このページの先頭へ